スポンサード リンク

佐藤めぐみ

佐藤めぐみさんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ53話中盤での名場面

佐藤めぐみ&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、佐藤めぐみさんが演じた杏の大人時代に焦点を合わせ、佐藤めぐみさんの杏のシーンをピックアップして紹介してます。


佐倉の家で杏は引越しの準備をしています。
「佐倉さんて、アルバムの一つも持ってないんだ」と杏が不思議がっていると、「ピンポーン」と鳴りました。
「はい、どちら様ですか?」と尋ねると「あの…私です…圭一郎の母です」と言われ、慌てて出る杏。
佐倉の母親を中に通して、杏は「あの引越しの準備をしてて」と言った後、「申し訳ありません、なんだか強引な形になってしまって、あの」と言うと、佐倉の母親から思いがけない言葉が返ってきます。
「ごめんなさい、昨日は失礼なこと言って」「私昔からこうなんです、頭に血が昇ってしまって、カーっとなってしまって」と言う佐倉の母親の言葉に、杏は気にしていないからと許します。
「良かった、許してもらえて」「考えてみれば、圭一郎さんが初めて結婚したいって言った人ですもの」
「そりゃぁ、あの子を傷つけました、私だって、あの子の父親に傷つけられた、どうしていいのか分からなくなって」となんだか、自分も被害者のような言い方をします。
しかしそれを聞いて「大丈夫ですよ、圭一郎さんもお母さんの事分かってくれますよ」と言う杏。
「ほんとう…良かった」と言う佐倉の母親と杏は嬉しそうな笑顔です。
(…調子が良すぎです、なんかありそう)

帰って来た佐倉に、杏は母親が来た事を伝えると「お袋が来た?」と言う佐倉。
「うん、それがね、言い過ぎたって謝られた」「いい人よね、お母さん」と言う杏に佐倉は「いい人なもんか!」と言います。
「お前の母親の自殺の事いったけど、自分だって自殺するって何度も騒いで」
「いいかげん振り回されて、引っ掻き回した後、絶妙のタイミングで謝ってくる」と言う佐倉。


佐藤めぐみさん演じる杏はここまでは佐倉との結婚という流れだったんです。
しかし、この後急展開が待ちますが、佐藤めぐみさん演じる杏の転機でもあります。
でないと…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。