スポンサード リンク

佐藤めぐみ

佐藤めぐみさんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ51話前半での名場面

佐藤めぐみ&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、佐藤めぐみさんが演じた杏の大人時代に焦点を合わせ、佐藤めぐみさんの杏のシーンをピックアップして紹介してます。


家に帰り、佐倉からプロポーズされた事を椎香に話した杏。
「でっ、杏ちゃん何て答えたの!」と当然聞く椎香。
「……って。…はい。って」と恥ずかしそうに答える杏。
「はい、はい!?」と佐倉からのプロポーズを受けたと言う杏にビックリの椎香。
「ほんとに、ほんとに!?だってまだ出合ったばかりじゃない」と椎香。
「同じだって思ったの。何年何年経っても、何日経っても一緒だと思ったの」と杏は言います。
「お父さんやおばあさんにも知らせなきゃ」と言う杏ですが「出合ったとたんに海外赴任なんて、きっとそういう運命だったんだよ」と言います。
「でも…」と言う椎香に、何だか自分に言い聞かせるように杏は言います。
「私、しあわせになるからね」「…しあわせになる」

会社から杏はあかねに電話し、あかねが、絵本の進行具合の事を報告すると杏から意外な返事が返ってきます。
「その事なんですが、実は私、あかねさんの担当が出来なくなりました」
「私、結婚して会社辞める事になったんです」と話す杏。
「結婚!?」と思わず声が出てしまうあかね。
「彼に付いて、海外に行く事になったもので」と言う杏に、あまりに突然の事でビックリしています。
「大悟にも伝えます。きっと喜ぶと思いますよ」「お世話になりました、きっと幸せになれますよ」とあかねは答え、杏は「あかねさんも」と言います。


佐藤めぐみさん演じる杏が佐倉と一緒になることで一番浮かれていた時期ですが、どこか無理が感じられます。
佐藤めぐみさん演じる杏がなんだか無理して大悟を忘れようとしているように思えました。
でも佐藤めぐみさんの杏、良いですよね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。