スポンサード リンク

佐藤めぐみ

佐藤めぐみさんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ48話での名場面後半

TBSドラマ「砂時計」のあらすじの中から、佐藤めぐみさんが演じた杏の大人時代の中から、気になるシーンをピックアップして紹介してます。


杏が会社で仕事をしていると椎香から電話があり、椎香の書類が杏の鞄に入ってないかと聞きます。
杏が自分の鞄の中を探すと、自分の書類の中に混じってありました。
「どうして、私の鞄の側に置いとくかなぁ」と言うと、椎香が懇願します。
「1時に、1時に必要なの、持ってきて」
「契約にいる書類なの、鳥に言ってる時間ないから、お願い!」
時間をみて慌てて出て行く杏ですが、間に合いそうにありません。
「タクシー、そうタクシー」と考え、タクシーを止めようとしますが、なかなかつかまりません。

やっとタクシーが止まってくれ、乗り込もうてすると、突然横から男性が割り込んで乗り込もうとします。
自分が止めたタクシーだと文句を言いますが、急いでいるの一点張りです。
と、突然その男が杏に行き先を尋ねます。
「新宿ですけど」と言うと、「どうぞ」と譲ってくれました。
杏が乗ると、その男も杏を奥に押しやるようにして乗り込んできました。
「君、新宿、俺、四谷」と言いそのまま乗っていくと言います。
「文句ある?あるなら降りろ」と言います。
「どうするんですか」と言う運転手の言葉が。
杏は「い、行って下さい」とタクシーを出発させます。


佐藤めぐみさんの杏に、新しい恋の予感のシーンでしたね。
ぶっきらぼうな感じですが、この出会いが後で…。
佐藤めぐみさんの驚いた表情と、切ないときの表情は素晴らしいです。
この後の急展開の前兆と言うか、出会いでしたね。
佐藤めぐみさん…そういえば、缶コーヒーのコマーシャルにも出てましたね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。